BLOGブログ

賃貸経営について

【失敗しない賃貸経営プランをご提案】これからの賃貸は「質」が生命線。アイデアをフル活用し、いかに差別化を図るか!

これからの賃貸物件は、外観のデザインや間取りにいかに特徴を持たせるか、
つまり、いかに付加価値をつけるかが、空き室対策の鍵となってきます。
 
RC造の場合は、比較的、建物のデザインに特徴を持たせるのが難しいため、
外壁や住宅設備のグレードアップという方向にいきがちで、コストアップに繋がるように考えます。
それに対して木造は、デザインや間取りに多様な工夫を凝らすことが可能。
敷地の形状や条件、市場のニーズに合わせて自由度の高い建物をデザインできます。
アイデア次第で、入居者にとって魅力的な要素を付加したり、個性的なデザインに仕上げることも可能です。
 
つまり、これからの賃貸住宅は・・・
提案力をフルに発揮して、いかに他の物件との差別化を図るかが勝負!
 
敷地や入居対象者に合った建物を建てればいいというだけではなく、1棟1棟に特徴を持たせて、
「地域のランドマークとなり得るような作品を造る!」という意気込みで取り組むことが重要だと思います。
 
それは建物に限らず、どんな分野においても同じことがいえるのではないでしょうか。
フランチャイズのファミリーレストランも悪くはありませんが、
独創的なメニューやサービスで、人気と支持を得て長続きしている地域の個人店もたくさんありますよね。
 
つまりこれから、賃貸物件を建てるなら、戸数よりも内容、つまりは「量」よりも「質」に目を向け、
他者との差別化に注力する。賃貸経営にとってはそれこそが生命線と考えます!
 
コンセプトハウスでは、立地条件や敷地の形状、入居者のターゲット、建築コスト、
利回りといったあらゆる角度から建物のデザインや間取りを検討し、
他の建物との差別化を確実に図ることのできる賃貸物件をご提案しています。
また、自由設計の建物だけでなく、規格商品もバリエーション豊富に取り揃えています。
 
HPの問い合わせフォームからお問い合わせいただければ、詳細な資料をお送りいたします。
ぜひお気軽にお問い合わせください。
問い合わせフォームの「お問い合わせ内容」欄に資料請求の旨をご記載ください。

 
資料請求はコチラからどうぞ
 
 
 
 

 
 
 

 
 
 

当社メゾネットシリーズ各種商品パンフレット


 
 
 

賃貸経営&相続税対策 関連資料


ページトップへ

CONTACT

弊社へのお問い合わせは
こちらからお願いいたします。