BLOGブログ

賃貸経営について

【失敗しない賃貸経営プランをご提案】木造のメリットを存分に活かせ!小規模投資の賢い賃貸経営がオススメ!!

賃貸事業において、木造・鉄骨・RC造の中から当社がオススメしたいのは木造です。
とは言え、木造以外を否定するものではありません。木造でもRCでもそれぞれに良さはあります。
 
ではなぜ、当社が木造をオススメしたいのか??
 
 
【理由その1】
 
何と言っても建築コストが安い。RCや鉄骨に比べて、建築コストは木造の方が格段に安く抑えられます。
また、償却年数で比べてみても、RC造は47年ですが、木造は22年。償却年数が短いので、早期の回収が可能です。
ただ、消却期間が短い分、銀行の融資は通りにくいということを耳にしたことはあります。
 
 
 
【理由その2】
 
木造はデザイン面の自由度が高く、競合する近隣物件との差別化が図りやすいのです。
また、リフォームがし易いのも大きなメリットで建築後の修繕費や維持費、さらには解体費用もRC造の場合、
建物規模が大きいが故、一度に大きな額が動くことが多いように思います。
あくまで、単体での比較が前提となりますが、RCの場合はハイリスク・ハイリターンの大規模な事業であるのに対して、
木造の場合は、小さな投資でコツコツと堅実に儲ける小規模事業と捉えたら良いのではないでしょうか?
小規模な投資でも取り組みやすく、実質的な利回りもRCに比べると良くなる可能性は高いと考えます。
 
 
ただし、必ずしも木造がこれらのメリットを享受できるとは限りません。
投資対象として30年間活用するためには、建物自体に対する工夫が必要です。
しかも、今年の10月からは消費税が上がり、収益率は確実に下がります。
それでも空き室を出さずに家賃収入を維持し続けたいのであれば、
建てる時、それなりの工夫を考えなければなりません。
 
では、その「工夫」とは何なのか。
それは、『他には無い魅力を建物に持たせること』です。
 
木造の特性を活かして、いかに他の物件との差別化を図るか。
次回、さらに考えていきたいと思います。
 
コンセプトハウスでは、賃貸アパートについての質問やご相談にも丁寧に対応いたします。
ご要望・ご相談や資料の請求は、HPの専用フォームからお気軽にお問い合わせいただけます。
 
お問い合わせフォームはコチラ

お問い合わせ


 
 
 

 
 
 

 
 

 
 


ページトップへ

CONTACT

弊社へのお問い合わせは
こちらからお願いいたします。